私はまだ30代なのですが、昔やっていたスポーツで捻挫や関節を痛めることがよくありました。
当時は若さもあり、あまり病院では治療を受けずにそのまま日にち薬で治すことが多く、今となっては非常に後悔しています。
こういった怪我の影響はやはり歳を重ねるごとに、関節痛などとなって自分に返って来てしまいました。
当時しっかりと治療を受けていれば、このような痛みで悩むことはなかったのですが、気づいたときには時すでに遅しの状態でした。

寒い日や雨の日はもちろん古傷が痛むことが多いです、あとは夕立や急な気候の変化に伴う気圧の変化でも痛みが出ることがあります。
歩けない、動かせない程の痛みでは無いのですが、ジンジンする・ピリピリと少し痛いなどといった、耐えれない程でもない痛みが
出ることが多いです。

私の場合は血行が悪いと、症状がよく出る様な気がしたので、できるだけ患部を冷やさないように気をつけています。
薄手のサポーターをつけるだけでも、冷えを防ぐことができるので、薄手のサポーターを私はよく付けています。
就寝中の冷えを防ぐこともできるので、寝るときは必ずサポーターを付けて寝ています。
薄手のサポーターであれば動きずらいこともありませんし、値段も安いのでおすすめです。北国の恵みで軟骨成分を丸ごと摂取